toggle
免疫力・抵抗力をサポートする5つの漢方パワー「インターナチュラル」
2016-07-21

ガジュツ(紫ウコン)の効果効能

ウコン
※写真はイメージです

ガジュツ(紫ウコン)とは

別名「紫ウコン」。英語名ではホワイトターメリックとも言います。熱帯アジア原産のショウガ科の植物で、中国では古く明の時代から生薬として珍重されてきました。日本でも胃腸薬として江戸時代から使われてきたようです。主要な成分としては、シネオール、セスキテルペン類、クルクメノール、アズレンなどがあります。経験的に、免疫力アップや新陳代謝促進、肝機能の正常化などの効能がある事が知られています。

ガジュツ(紫ウコン)に関する研究

学術的な研究も行われています。ガジュツに含まれるエレメンという成分の研究では、ガジュツから単離したエレメンをヒトの腫瘍細胞とマウスの腫瘍細胞に作用させると、その増殖を抑制する、すなわち抗腫瘍作用がある、という事が分かりました。この抗腫瘍作用は、エレメンが正常細胞には影響を与えず、腫瘍細胞だけにアポトーシス(細胞死)を起こすからであるという事も示唆されています。

関連記事